2011年04月22日

テラ急ピッチ

新婚旅行はスペインだった末広ガリィです。

バルセロナでサグラダ・ファミリアを見ました。

まだサグラダ・ファミリアもガウディもよく知らなかった頃は、
『100年も前から造ってて完成しないって、みんなグウタラやってるに違いない』
と思ってました(^^;

新婚旅行(2000年)で細部の彫刻とかを目の当たりにしたら、
建築というより芸術なので、そりゃあ、時間もかかるわなぁ…
と、感慨深いものがありました。

当時の話でも完成まであと100年とか200年かかるみたいな事を聞いてた気がしましたが、最近ネットで見たら、
ガウディの没後100年にあたる2026年に完成
ってあるじゃないですか。
まさかの急ピッチ(笑)

現在の主任彫刻家は外尾さんという日本人の方です。
完成時まで在任の可能性もありえますから、
真偽の程はともかく、
「勤勉な日本人が完成させた」
みたいな話が出てきそうですね。
posted by 末広ガリィ at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | サボりのあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/197047018
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。