2011年02月25日

サボッターはチューリングテストの夢を見るか

昔、ネカマに騙された事がある末広ガリィです。
男(しかも知り合い)だと知った時は、騙された腹立たしさより
「彼女」が居なくなった妙な喪失感がありましたね。

ツイッター上でプログラムが勝手につぶやく「ツイッターボット」と呼ばれるのがありますね。
ある人は、ずっと人だと思い込んで会話してたそうです。

まさにリアルチューリングテスト

自分もいつ被験者になるか分かりません。
・・・というか、既に機械と会話しているかも知れません。。。

ツイッターボット、割と簡単に作れそうなので、
サボッテンのボット「サボッター」でも作ろうかと思いましたが、
やっぱり大変そうなので、誰か作ってくれませんか(笑)

どうせなら、つぶやきを自分の代わりに読んで返事してくれるボットの方が楽ですね。

発信側、返信側、双方がボットだったら、人は必要ないですね。
それはそれで、人類の荒廃した文化に警鐘を鳴らすアートっぽくて面白いですが。

sabotter2011.jpg

posted by 末広ガリィ at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | タワゴト絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。